読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとちゃん書評

なぜ書評を始めたか?それは書評を始めるきっかけとなる本に出会えたため。

異端のススメ 林修 小池百合子

f:id:otochanshohyo:20170312074233j:plain

 

初版は2013年12月。

 

当時時の人(いまでも活躍されているが)だった林修さんが対談相手に選んだのは

今現在の時の人、小池百合子さん。

 

そのお話からは、都知事選出馬の動機も、少々垣間見える。

 

立候補とは、男気である。

「なんで誰もやらないんだ」→「もっとここをこうすればいいじゃないか」

では、所詮小金稼ぎの評論家。

 

「なんで誰もやらないんだ」→「俺(私)がやってやる」

という、エイヤっの発想転換で、行動に移せるか。

 

キケロとデモステネスの演説比較でもあったが、良い教師、良いスピーカー、良い本は、インスパイアするものである。

 

つまり、人々を行動に移させる。

 

 

そのためには、自らの行動の積み重ねと、その動機

 

そして、何より少しの勇気が必要である。

 

 

異端であれ、というのは、この少しの勇気が持てるか。

 

後付け、理屈を後からつけることはいくらでもできる。

 

行動は今しかできない。

 

 

あと、個人的にセミナーで培った経験・知識が今つながったような気がしました。

 

失恋で悩み苦しんでいた時、もう一人の自分で今の自分を見てみたらいいよ、というアドバイスを受け

 

俯瞰で、「ざまあねえな。どうすんだ、おい、これからどうすんだ?」と

自分に問いを投げかけていたことを思い出します。

 

働くことにはまさに自分を客観視する目が必要。

 

自己分析は、定期的に続けよう。

 

 

おとちゃん評価:70点

対談本としては高評価の部類だと思います。知識ももらえ、インスパイアもされる。ただタイトルから類推される、突飛な発想までも得られるというわけではなかったです。もっと異端な人が世の中にいるからかな。でもそれは、「異端」じゃなく、「イタイ」の場合も。