読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとちゃん書評

なぜ書評を始めたか?それは書評を始めるきっかけとなる本に出会えたため。

第3回:できる男は「この言い訳」をしない 里中李生

f:id:otochanshohyo:20170307145018j:plain

 

この人の著書は定期的に読む。

読むようにしているのではなく、巡り合うようになっているのだなと実感する。

 

それは、夢を見過ぎているとき、現実から逃げようとしているとき、自分に喝が必要なとき、即効魔法が必要なとき、女性に困ったとき

 

男として、本能レベルで目を覚まさせてくれるのが、この人の書なのである。

 

 

もちろん、

ふーん、あ、そ、

といった考え方の一つとしてとどめておくレベルの話もある。

 

ただ、この人の上手いのは

「好き勝手言ってるように見える」ところかなと思う。

 

誰も、好き勝手言っている本が売れるのであれば、苦労はしない。

 

自分のやりたい音楽でも、売れなければプロとは言えないのだ。

売れて初めて幅を持たせることができ、やりたいことができるようになってくる。

 

 

そもそも、この人は本当に好き勝手言っているのだろうか。

計算で、正論逆張り大衆迎合逆張り(一部の熱狂路線)に突っ走っているだけではないのか。

 

とにかく

水野敬也さんを少し硬くした人、という印象の人。

 

 

さて、今回は、

・「これだけはやりたくない」ことをやらないために、頑張ろう

・「楽しい」はいい加減

 ・過去と比べて強くなった自分を、賞讃しよう

・まだまだ弱い自分に謙虚な気持ちで明日も行動しよう

 

などに思い当たる節があった。

 

自分は強くなったのだろうか、堂々巡りをしているだけではないのだろうか。

 

孤独を経験し、強くなったと思い込んでいたが

単に人(特に家族)とのコミュニケーションを逃げ回っていた、弱腰野郎ともとれるのではないか。

 

 

のらりくらり、のほほんと読書などしている場合ではない。

そんな健全な危機感を与えてもらえることも、読書の目的の一つである。