読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとちゃん書評

なぜ書評を始めたか?それは書評を始めるきっかけとなる本に出会えたため。

第2回:仕事で本当に大切にしたいこと 自分を大きく伸ばすために 大竹美喜

f:id:otochanshohyo:20170305081141j:plain

 

初版は2004年。

さぞかし、美辞麗句が並べられているのだろうかと思ったが、13年後の日本にも通じるところはあった。

 

つまり、世の中は変わっているようで、それほど変わっていないともとれる

自分が変われば世の中も変わって見える、ということなのかもしれない。

 

 

ということで本書は、就職活動の初歩の初歩としては、まあ為になることもあるかもしれない。

 

とかく、肯定の言葉による楽観主義は、とりわけ大事だと思う。

 

発する言葉としてももちろんそうだし、内なる言葉としても、肯定語はオーラに表れると思う。

 

今日という日が人生で最も重要だ、は昨今のアドラー心理学にも通ずる考えである。

ただ、少し足りない。

今という時間が、人生で最も重要だ、である。

 

日本的、日本人的な良さと、国際感覚とをハイブリッドさせて生きていきたい。

 

 

おとちゃん評価:55点

知ってるよ、それができりゃ苦労しないよ、という内容もあるが、シナプス的な役割を果たしてくれる面もある。

まあ行動につなげていこう。それは、手帳に何を記すか、である。