読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとちゃん書評

なぜ書評を始めたか?それは書評を始めるきっかけとなる本に出会えたため。

後悔しない社会人1年目の働き方 森本千賀子

f:id:otochanshohyo:20170326080926j:plain

 

◆社会人1年目シリーズ第2弾

4月から晴れて社会人1年目(年齢は20~ふんふん~歳)ということで、社会人1年目本を読み漁っていますシリーズの第2弾です。

 

はぁ~パラパラっと立ち読みした時点ではそこそこ来るものがあったんだけどな~

まぁそこまで~という感じでしたかね。

ちょっとプロフェッショナル、という名前に踊らされた感がありますね。

 

 

◆WILLのプレゼンテーション

WILL・MUST・CANという仕事に対して人が持つ3要素、ありますよね。

中でも、最も突破力をはかっていけるのが、WILL。

 

特に若ければ情熱の1点突破でもよい。そもそもWILLが持たせられるような仕事が回ってくるかも怪しいが。

 

そのため、自分のWILLを日頃からプレゼン(アピール)するのである。

それはつまり、採用面接の延長上。

 

選考段階では、どうしてもWILL偏重になりがち。

だから就職後、イメージとのギャップに苛まれる。

 

むしろ働いてからの方がWILL偏重でもいいくらい。

そこから自分の停滞していたMUST・CANの突破口も開いていける。

 

やばい、ワンテーマでこんなに語ってもた。

 

 

◆そのメモはなぜ取る?いつ使う?

メモを取るときは、ミクロ視点になりがち。

つまりその話に集中している。

 

ふと立ち返って、メモを取っている自分を俯瞰して見てみよう。

 

なぜそんな一生懸命メモを取っているのか。

レコーダーじゃダメなのか。

 

その目的は?その用途は?

大事だから?忘れそうだから?

自分用?相手用?

 

そこをはっきりさせておくことで、無駄な時間、労力は少なくなっていく。

 

 

◆モチベーションが上がらないときは、入社式に立ち返る

今からなんだよ!

俺の人生は、今からなんだよ!

 

つまり、立ち返れるようなモチベーションにあふれた入社式を迎えよ、ということ。

 

あと1週間。

 

人生で最も大事な1週間。

 

人生懸ける1週間。

 

 

さあ、飛び立つ翼を整えよう!

 

 

◆おとちゃん評価:50点

なぜだろう。もっと低かったはずなのに、書評にしてみたらベラベラ書けてしまった。

だから5~10点下駄を履かせた感じ。

 

社会人1年目本は、慎重に。

入社1年目から差がついていた!頭がいい人の仕事は何が違うのか? 中尾ゆうすけ

f:id:otochanshohyo:20170321092555j:plain

 

アウトプットアウトプット、仕事はアウトプット、ビジネスマンの存在意義はより良いアウトプット。

 

なぜこの本を選んだかと言うと、4月から入社1年目となるためである。

 

今、入社1年目本を買い漁っているわけだが、まあどれもこれも似たり寄ったり。

 

そして私はヨイショはしない。

この本が取り立てていいから取り上げたというわけではないので悪しからず。

 

 

さて、入社1年目、初日のアウトプットと言えば

なんといっても自己紹介。

 

そこから差がついている。

というより、入社前の段階(面接など)で差はついているんだろうけど

 

改めて社員の皆様にお披露目するアウトプットとしては、自己紹介がわかりやすい。

 

自己紹介の質は、向上心に比例する。

 

とは、千田琢哉さんの言葉。

 

 

本書では、「頭がいい人」と「惜しい人」とを比べ、その仕事ぶりを比較し、コツを伝授している。

 

「惜しい人」という婉曲表現...

 

 

全てにおいて通ずるのは

 

ビジネスは、相手があってのもの、だということ。

 

 

自分の中ではこれでいいだろう、自分の経験ではこうだろう、自分のやり方はこれがベストなんだ。

そんな偏屈な考えでは食べていけない。

 

自分中心か、相手中心か

その意識の違いが1年目で最もよくあらわれるのが、報連相である。

 

 

20代できちんと報連相を学んでおかないと

30代以降のビジネス人生は悲惨だ。

 

とにかく、仕事は先手必勝。

挨拶も先手必勝。

報連相も先手必勝。

人の顔と名前を覚えるのも先手必勝。

同期会も先手必勝。

 

営業も、事務も、総務も、異動希望も、

先んずれば人を制す、いや、自分を制す、だとお思い!

 

 

おとちゃん評価:55点

当たり前のことを再確認させてくれたけど、もう2,3良質な着眼点が欲しかった。

あ、ちなみに、60点で及第点でございます。

コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本[第2版] 岩崎剛幸

f:id:otochanshohyo:20170319152805j:plain

 

コンサルタント=ハードワーカーというイメージ。

また、昨今はどの業界においても、「コンサルタントコンサルティング」という言葉を使っておけばいいという風潮。

 

実際、私の会社でも使っております、ハイ。

 

そんな中、本書では、プロのコンサルタントとは、「クライアントのために命を懸けて仕事する」人なのだそう。

 

懸けられるかな~命は。

 

ただ、製造業を相手にするウチとしては

体を動かさない分、頭を動かさなければならない。

そして決して、職業、業種に優劣をつけてはならない。

自分にできない仕事をされているのだから。

 

それを念頭に置いたうえで、

・仕事をすることは自分を知ること

・部下へのマネジメントのポイントとして、仕事にゲーム性を持たせること

・知識を売るだけではなく、共感共鳴してもらい、行動に移させる

 

などをポイントとして挙げさせて頂きます。

 

 

何でも屋になる、押し売りしない、ひけらかさない、プロの矜持を持つ

 

プロはディスカウントには応じない。

 

自分も、細かいディスカウントはみみっちいからやめておこう。

 

 

おとちゃん評価:55点

浅く広くにはちょうど良かったかな。よ~くはわからなかったが、「仕事をすることで自分を知る」というのが働くモチベーションにはなりました。

さあ、働こう。

異端のススメ 林修 小池百合子

f:id:otochanshohyo:20170312074233j:plain

 

初版は2013年12月。

 

当時時の人(いまでも活躍されているが)だった林修さんが対談相手に選んだのは

今現在の時の人、小池百合子さん。

 

そのお話からは、都知事選出馬の動機も、少々垣間見える。

 

立候補とは、男気である。

「なんで誰もやらないんだ」→「もっとここをこうすればいいじゃないか」

では、所詮小金稼ぎの評論家。

 

「なんで誰もやらないんだ」→「俺(私)がやってやる」

という、エイヤっの発想転換で、行動に移せるか。

 

キケロとデモステネスの演説比較でもあったが、良い教師、良いスピーカー、良い本は、インスパイアするものである。

 

つまり、人々を行動に移させる。

 

 

そのためには、自らの行動の積み重ねと、その動機

 

そして、何より少しの勇気が必要である。

 

 

異端であれ、というのは、この少しの勇気が持てるか。

 

後付け、理屈を後からつけることはいくらでもできる。

 

行動は今しかできない。

 

 

あと、個人的にセミナーで培った経験・知識が今つながったような気がしました。

 

失恋で悩み苦しんでいた時、もう一人の自分で今の自分を見てみたらいいよ、というアドバイスを受け

 

俯瞰で、「ざまあねえな。どうすんだ、おい、これからどうすんだ?」と

自分に問いを投げかけていたことを思い出します。

 

働くことにはまさに自分を客観視する目が必要。

 

自己分析は、定期的に続けよう。

 

 

おとちゃん評価:70点

対談本としては高評価の部類だと思います。知識ももらえ、インスパイアもされる。ただタイトルから類推される、突飛な発想までも得られるというわけではなかったです。もっと異端な人が世の中にいるからかな。でもそれは、「異端」じゃなく、「イタイ」の場合も。

第3回:できる男は「この言い訳」をしない 里中李生

f:id:otochanshohyo:20170307145018j:plain

 

この人の著書は定期的に読む。

読むようにしているのではなく、巡り合うようになっているのだなと実感する。

 

それは、夢を見過ぎているとき、現実から逃げようとしているとき、自分に喝が必要なとき、即効魔法が必要なとき、女性に困ったとき

 

男として、本能レベルで目を覚まさせてくれるのが、この人の書なのである。

 

 

もちろん、

ふーん、あ、そ、

といった考え方の一つとしてとどめておくレベルの話もある。

 

ただ、この人の上手いのは

「好き勝手言ってるように見える」ところかなと思う。

 

誰も、好き勝手言っている本が売れるのであれば、苦労はしない。

 

自分のやりたい音楽でも、売れなければプロとは言えないのだ。

売れて初めて幅を持たせることができ、やりたいことができるようになってくる。

 

 

そもそも、この人は本当に好き勝手言っているのだろうか。

計算で、正論逆張り大衆迎合逆張り(一部の熱狂路線)に突っ走っているだけではないのか。

 

とにかく

水野敬也さんを少し硬くした人、という印象の人。

 

 

さて、今回は、

・「これだけはやりたくない」ことをやらないために、頑張ろう

・「楽しい」はいい加減

 ・過去と比べて強くなった自分を、賞讃しよう

・まだまだ弱い自分に謙虚な気持ちで明日も行動しよう

 

などに思い当たる節があった。

 

自分は強くなったのだろうか、堂々巡りをしているだけではないのだろうか。

 

孤独を経験し、強くなったと思い込んでいたが

単に人(特に家族)とのコミュニケーションを逃げ回っていた、弱腰野郎ともとれるのではないか。

 

 

のらりくらり、のほほんと読書などしている場合ではない。

そんな健全な危機感を与えてもらえることも、読書の目的の一つである。

第2回:仕事で本当に大切にしたいこと 自分を大きく伸ばすために 大竹美喜

f:id:otochanshohyo:20170305081141j:plain

 

初版は2004年。

さぞかし、美辞麗句が並べられているのだろうかと思ったが、13年後の日本にも通じるところはあった。

 

つまり、世の中は変わっているようで、それほど変わっていないともとれる

自分が変われば世の中も変わって見える、ということなのかもしれない。

 

 

ということで本書は、就職活動の初歩の初歩としては、まあ為になることもあるかもしれない。

 

とかく、肯定の言葉による楽観主義は、とりわけ大事だと思う。

 

発する言葉としてももちろんそうだし、内なる言葉としても、肯定語はオーラに表れると思う。

 

今日という日が人生で最も重要だ、は昨今のアドラー心理学にも通ずる考えである。

ただ、少し足りない。

今という時間が、人生で最も重要だ、である。

 

日本的、日本人的な良さと、国際感覚とをハイブリッドさせて生きていきたい。

 

 

おとちゃん評価:55点

知ってるよ、それができりゃ苦労しないよ、という内容もあるが、シナプス的な役割を果たしてくれる面もある。

まあ行動につなげていこう。それは、手帳に何を記すか、である。

第1回:伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い 紫垣樹郎 小宮謙一

f:id:otochanshohyo:20170304174418j:plain

 

全体的に情報量は多くない。

これを読んだら伝説になれるっ!...わけはない。

 

違いと言っても、どこかで聞いたことある話ばかりだし、

実際にそれができる勇気やキャパシティがあってこそだと思う。

 

ただ、

・スタートダッシュによる好循環

・数字やキーワードで相手のメンタル文法に合わせる

・解釈力、意味づけで人と差をつける

 

という項目においては、私の考えを肯定してくれる勇気づけの本となった。

 

また、

・チャンスノート

エビングハウスの行動へのつなげ方

・「時間がない」という相手からの返答の真意

 

という項目は勉強になる部分はあった。

 

社会人の「時間がない」は「優先順位が低い(からとれる時間がない)」

ということだと改めて実感した。

 

 

おとちゃん評価:60点

この書評を始めるきっかけとなった(読んだ本のアウトプットの大切さに気づかせてくれた)本だし、30点近くは下駄を履かせました。

まあ、良い本は行動につなげてくれるというし、そういう意味では内容どうこうではなく、良い本だったのかもね。